おっとり系のお嬢様が変身?

うお~仕事でのストレスが半端ないっす!こんなときは風俗でいっぱつ

抜いてすっきりしたいもんですよね~。

今日は仕事で上野に行きました。激務を終えて、飲み屋に入りこれから

の夜のオシゴトのための英気を養います。いつものように、前もって

HPで調べていたデリヘルに電話をして、しばし待つと・・・。

おお!めずらしく画像よりもカワイイ娘が登場!

「よろしくお願いします・・・」となんともいじらしい態度です。

おっとり巨乳のKちゃんはまだ学生だそうです。早速いっしょに

シャワーを浴びます。結構スタイルもいいですね~。よく見ると

ほとんど陰毛が生えてません。「あまり見ないでくださいね・・・」

と恥ずかしがるKちゃん。俺のチ○ポはギンギンに勃起してましたが、

そこは何とか収め、二人でベッドに移動・・・。と思いきや、

その途中で我慢できず、Kちゃんの豊かなケツにむしゃぶりついてしまいました。

「あっ、ちょっと待ってください・・・、恥ずかしいです・・・」

と言うKちゃんの言葉を聞き流し、俺は彼女のケツを広げアナルを

じっくりと観察。Kちゃんもはじめは抵抗しましたが、やがて自分から

ケツを広げて四つんばいになりました。「もっと・・・見てください・・・」

Kちゃんもだんだん興奮してきたらしく、自ら濡れたマ○コをさわりはじめました。

13164941313

俺はローションを使って尻コキをはじめました。「お尻の穴丸見えだよ・・・」

と俺が言うと、「・・・もっと見てほしいの・・・」と自らケツ広げを突き出します。

そのまま、正常位素股状態になりお互いにディープキス。

「精液出していいよ!たくさん出して!」とKちゃんも本気モードになり、俺も

その言葉を聞くや否や大量の精液をKちゃんのお腹にぶちまけました。

最後はお互いねっとりとディープキスしてお別れになりました。

なかなかエロいお嬢様でした。

上野のオフィスで社長が待ってた。

私、デリヘルのバイトを上野の方でしてます。

この前、私にとって初めての経験、会社の社長室に呼ばれちゃいました。

指定した時間に会社っていうのもあって少し抵抗感があったんだけど、そ~っと行くとオフィスは真っ暗社長室だけ電気が薄くついててノックして入ると多分、社長なんだろう、その人は無言で招き入れた。

中に入ると私にお小遣い5万くれた。

でも条件として何でも言う事聞く事って言われて、軽くうなづいたの。

そして今日は誰も、もう来ないから安心して声出して大丈夫なんて言われたりもした。

そんな話しも終わるか終わらないうちに、いきなり抱っこされ机の上に座らされブーツとストッキングを脱がされ、いきなり両足机の上にあげてM字開脚の状態。

そして、指で太ももから触られ私のクリに来ると絶妙な舌使いで舐めて来た。

今までに、なかった感じで、これだけでいかされそうな気がした。

この時点で会社とか社長室とか関係ないって感じ。

絶妙な舌使いが上に登ってくる、スカートも脱がされブラウスのボタンもとられブラは半分肩紐が落ちて、そこから少し見える乳首に、その舌はやってきた。

乳首を転がす様に舐め、片手でクリ触ってる。

私の一番好きな責められ方だ。

もういきそうと思った瞬間に机から降ろされバックの体制。

他の人みたいにフェラなく挿入してきた。

太い!固い!今までに本当、こんなタイプいないかもってくらい。

98113131

もう気が付けばオフィス中響きわたる声だったかもしれない。

バックで挿入されて、いってしまった。私が。

社長はまだ、この人強いって感じた瞬間、今度はソファーで騎乗位。

出したり入れたりすればするほど大きくなる感じがした。

いつになったら、この人いくんだろうって感じ。

騎乗位で下から突き上げる快感と乳首を指で触られ舌で転がされもう何にもいらないくらいの気持ちよさが襲って、そのまま2人で一緒にいってしまった。

それから私は、この社長様の体が忘れられず、月に数回、デリヘルとは別に会ってます。

★広告★
上野デリヘルかわいい熟女&おいしい人妻

まさかの出会い

いつものように、上野にあるラブホでデリヘルを呼んだ。

毎週水曜日は仕事が休みで、妻は仕事で家にいない。

だが今回だけは休日を交換したこともあって、木曜日が休みになった。

いつものデリヘルだが、指名はしない。ただ、細身の子、とだけ言ってある。

98796131313

待っている間、スマホでAVの視聴をして気分を盛り上げた。

最近気に入ってる動画があるのだ。

女子高生のレイプものだが、女優がなかなかいい。

こんな子、こねえかな、と思って待っていると、今まさにスマホの中で潮吹きしている子がドアの前に立っていた。

「はじめましてー」

とにこやかなその笑顔は、小さな画面の中では泣き叫んでいる。

驚いて事情を尋ねると、その子は本当にAV女優をやっているという。

「たまにこっちもやってるんですー、よろしく」

この時、休日を交換してくれた同僚には心から感謝した。

顔は可愛いし、スタイルもいい。料金も、指名ではないので通常料金だ。

ラッキーだったとしか言えない。今年一番の幸運を使い切って、90分楽しんだ。

動画を見ながらの、なんちゃってプレイもできた。まるで本当にレイプしてるみたいで興奮した。

次からは同僚に木曜日の休日を交換してもらって、もちろん同じ子を指名しようと思っている。